飛蚊症の主な原因は、生まれつきによるものや老化によるものなので、それほど心配する必要はないでしょう。 そのため、飛蚊症だからといって、絶対に治療をしないといけないという訳ではないのです。 しかし、そのまま放置してしまうのは、良くありません。 飛蚊症で一番怖いのは、病気によって引き起こされている場合です。 例えば、網膜剥離、感染症、糖尿病などが原因で、飛蚊症が発症することもあります。 この場合、放置していると失明する恐れがあるでしょう。 いずれの病気が原因でも失明する可能性が高いので、早期発見、早期治療が大切です。 もし、目の前に浮遊物が見えた場合、飛蚊症の疑いがありますから、一度病院で検査を受けた方がいいかもしれません。 そこで、病気だと診断された場合は、まずはその病気を治すことを考えてください。 糖尿病が原因だと、飛蚊症の他にも動脈硬化や高血圧などを併発していることもあるので、注意しないといけません。 また、網膜剥離であればレーザー治療で治すことができますし、感染症の場合は抗生物質を注射することによって完治します。